スポンサードリンク

【地方で出会いがない】田舎でおすすめなマッチングアプリTOP5とは?

田園風景

地方の田舎は、通勤ラッシュがない、自然が身近にあって癒される、などの良い点がある一方で、

「恋人をつくりたいけど、田舎に住んでいて出会いが少ない。」

「田舎に住んでいるので、自分に合った恋人を作るのをあきらめている…。」

などの悩みを持つ人が、多くなっていきます。

都会と比較すると、人口の影響で出会いのチャンスが少なくなりますが、恋人作りをあきらめる必要はありません。

地方の田舎に住んでいても出会えるマッチングアプリTOP5」と「出会える場所を紹介していきます

この記事を読んでいただくことで、生活している場所が田舎であっても、素敵な恋人を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

田舎向けおすすめマッチングアプリランキングTOP5 

気軽かつ簡単に出会いを増やす方法で、特におすすめなのがマッチングアプリです。

マッチングアプリは住んでいる場所に関係なく利用でき、様々なタイプの男女が登録されているため、恋愛できる可能性を高めてくれます。

一方で、アプリの種類が100以上もあるため、「田舎に住む自分は、どれを選んでいいのか…?」と悩んでしまうもの。

そこで、「会員数の多さ」と「安全性」などを考慮させていただいた結果、田舎でも出会えるマッチングアプリTOP5を決めたので、紹介していきます。

アプリ累計会員数

ポイント
ペアーズのアイコン
ペアーズ(Pairs)
1000万人
迷ったらまずペアーズ!国内で最も登録者の多いマッチングアプリ。
タップル アイコン
タップル(tapple)
500万人
登録者も多く、ほとんどが20代。手軽な恋活、真剣な恋活のどちらもできる。
omiaiのアイコン
omiai
400万人国内屈指の登録者数と「真剣な恋愛から結婚」を目指している人が多いのが魅力。
with アイコン
with
230万人メンタリストDaigo監修!相性重視の恋活ができる。
youbride アイコン
youbride
188万人登録者の半数が6カ月以内にパートナーを見つけている。

1位 ペアーズ(Pairs)~国内屈指の会員数 

ペアーズをおすすめする理由は、

  • 国内では圧倒的に会員数が多い
  • 様々なタイプの男女が登録されておりマッチングできる可能性が高い
  • 無料で登録ができる
  • Facebookのアカウントを使用するが、家族や友人にバレずに利用できる。

などがあります。

ペアーズの料金・年齢層

ペアーズの利用料金は女性であれば無料であり、登録者の年齢層は20代が約半数います。

ペアーズの料金

項目料金
登録料男女どちらも無料。
男性
3590円/月~を支払うことで、基本機能が使える。
女性無料で基本機能が使える。

ペアーズの年齢層

ペアーズの登録者年齢層(男女別)

他のマッチングアプリと比較して、年齢層の偏りが少なく、幅広い異性とマッチングすることができるでしょう。

ペアーズはこんな人におすすめ

  • マッチングアプリの中でも、特に異性が多く登録されているアプリを使用したい。
  • 様々な年齢、職種の人とマッチングがしたい。
  • マッチングアプリ初心者。

国内で最も会員数が多いペアーズは、地方の田舎在住者で出会いを求める場合必須のマッチングアプリになるでしょう。

マッチングアプリの利用を考えた時は、必ずペアーズに登録し、他のアプリと併用していくのがおすすめの方法です。

「マッチングアプリの種類がありすぎて、何を選んでいいかわからない…」という女性は、まずはペアーズを利用するのがおすすめです。

ペアーズを公式サイトから無料ダウンロードしたい方はボタンをクリック

 

2位 タップル~会員数だけでなく若い年代も多い

タップルをおすすめする理由は、

  • 国内では、2番目に多い会員数の多さ。
  • 20代の会員が多く、若い年齢の異性と出会いやすい。
  • 毎月7200人に恋人が出来ている。

などがあります。

タップルの料金・年齢層

タップルの利用料金は女性であれば無料であり、登録者の年齢層は20代が約8割います。

タップルの料金

項目料金
登録料男女どちらも無料。
男性3700円/月~を支払うことで、基本機能が使える。
女性無料で基本機能が使える。

タップルの年齢層

登録者のほとんどが18歳以上から20代であるため、若い年代とマッチングしたい場合は、おすすめの年齢構成になっています。

タップルはこんな人におすすめ

  • 20代の若い年代と恋愛がしたい。
  • 婚活よりも、恋活を重視したい。

若い年代が多く、気軽に恋活をしている男女がいる一方で、真剣な恋愛を求めている人もいます。

20代の異性と出会えるチャンスの多いタップルは、田舎に住んでいる人にとってメリットの多いマッチングアプリと言えるでしょう。

3位 omiai~会員数の多さと真剣な恋愛が魅力

omiaiをおすすめする理由は、

  • 国内でも指折りの会員数の多さ
  • 真面目な恋愛から結婚まで考えている会員が多い。
  • 20代が過半数を占めているが30代以上の会員数も多く年齢構成のバランスが良い

などがあります。

omiaiの料金・年齢層

omiaiの利用料金は女性であれば無料であり、登録者の年齢層は20代が約6割います。

omiaiの利用料金

項目料金
登録料男女どちらも無料。
男性3980円/月~を支払うことで、基本機能が使える。
女性無料で基本機能が使える。

omiaiの年齢層

omiaiの年齢構成

婚活アプリの中では、20代の登録者が多いのが強みになっています。

omiaiはこんな人におすすめ

  • 真面目な恋愛がしたい。
  • 恋愛は、結婚を視野にいれる。

地方住みのカップルは、地元のつながりで恋人関係になり、結婚しているケースが多いため、「私も恋愛するなら、結婚したい」と考える方が多いのではないでしょうか?

そのため、会員数が多く、恋に真剣な男女が多いomiaiは、おすすめのアプリの1つになるでしょう。

omiaiを公式サイトから無料ダウンロードしたい方はボタンをクリック

4位 with~メンタリストdaigo監修で話題のアプリ

withをおすすめする理由は、

  • 会員数は200万人超え。会員増加数が多く、今後も伸びていく可能性が高い。
  • メンタリストdaigo監修のアプリ性格診断で相性の高い異性をマッチングできる

などがあります。

withの料金・年齢層

withの利用料金は女性であれば無料であり、登録者の年齢層は20代が約6割います。

withの料金

項目料金
登録料男女どちらも無料
男性3600円/月を支払うことで、基本機能が使える。
女性無料で基本機能が使える。

withの年齢層

20代が中心ですが、30代も2割以上いるため、幅広い年齢層とマッチングできるでしょう。

withはこんな人におすすめ

  • 直接会うなら、相性が良くて話しやすい人がいい。
  • 心理テストが好きで、共通点の多い恋愛相手が欲しい。

田舎に住んでいる方にとって恋愛するのはもちろん「二人で円満に生活できるか」というのは気になること

withは他のマッチングアプリと比較して、「相性」に特化しており、仲良しカップルになれる可能性が高いため、田舎に住んでいる人におすすめのアプリです。

5位 youbride~結婚目的限定アプリの中で会員数が多い

ユーブライドをおすすめする理由は、

  • 「結婚目的の男女」限定のアプリの中でトップクラスの会員数を誇る
  • 会員の6割が3カ月以内にパートナーを見つけている
  • 会員同士の恋愛相談室が設けられており気軽に悩みを相談できる
  • 遊び目的の人を強制退会させたり既婚者や恋人がいるのに登録すると違約金が発生したりするため安心して婚活できる

などがあります。

youbrideの料金・年齢層

登録は無料ですが、基本機能を使用するには料金がかかります。年齢層は、30代以上が中心です。

youbrideの料金

項目料金
登録料男女どちらも無料。
男性
女性
3980円/月を支払うことで、基本機能が使える。

登録は無料ですが、基本機能を使うには料金がかかります。

youbrideの年齢層

youbrideの年齢構成

30代以上が中心になっているのは、結婚を目指している人しか登録していないからでしょう。

ユーブライドはこんな人におすすめ

  • 田舎で結婚を考えているが、相手が見つからない。
  • 恋愛するなら、結婚以外は考えていない。
  • 誰かに相談しながら、婚活したい。

異性と出会ってようやく恋愛できても「田舎に住むのは、ちょっと…」と断られた経験がある人にとって結婚目的限定の異性と付き合えるのはメリットが大きいと言えます。

「年内にでも結婚したい!」と考えている婚活者は、ユーブライドの利用を検討してみましょう。

youbrideを公式サイトから無料ダウンロードしたい方はボタンをクリック

田舎で出会いをつくる方法 マッチングアプリとイベントを組み合わす 

クリスマスなどのイベント前に、恋人が欲しくなるのは男女共通していること。

イベント前までに、マッチングアプリの登録を済ませておき、事前に気になる異性とマッチングしておくことで、出会える可能性を高めることができます。

特に、あなたの地元で行われるイベントで出会えると、恋愛関係に発展しやいため、これから紹介するイベントが近々開催されないかをチェックするのがおすすめです。

お祭りで出会う

あなたの住んでいる街には、地域で盛り上がるようなお祭りはありますか?

小さなお祭りであっても、季節感は味わえますし、出店ぐらいは並ぶはず。

普段は中々味わうことのできない「お祭り」の雰囲気が二人の気分を盛り上げてくれるでしょう

ただし、初対面でいきなりお祭りデートをすることに、抵抗を感じる人もいるため、お食事デートなどのついでに誘うのがおすすめです。

例えば、「一緒にご飯を食べる日に、ちょうどお祭りがあるみたいなんだけど、少し寄ってみない?」と誘うと、お祭りデートに来てもらえる可能性が高くなるでしょう。

花火大会で出会う

付き合う前の男女にぴったりなのが、花火大会デートです。

花火大会は、

  • 花火が良い雰囲気を演出してくれる
  • 人混みになるため二人の距離感が近くなる
  • 女性の場合浴衣を着ることで良いギャップが生まれる
  • カップル気分が味わえる

などのメリットがあり、告白を成功させて晴れてカップルになることも珍しくありません。

ただし、初対面で花火大会デートをすることに不安を感じる方もいるため、連絡を重ねて親密度を上げてから誘ったり、デートのついでに行くことを提案したりすると良いでしょう。

俺は女性から、花火大会に誘われたれ嬉しいけど、haruはどうかな?
kenbo
kenbo
初対面でいきなり花火大会は緊張するかなー(苦笑)。一度会った後か、デートの帰りくらいに寄るくらいなら行きやすいと思うよ!
haru
haru

地方住みの人が出会える場所 

地方で出会いを増やしていくには、マッチングアプリはもちろん、出会いの多い場所に行くことで、恋人を作る可能性を高くできるでしょう。

地方の田舎住みで、出会いのきっかけを作りやすい場所を紹介するので参考にしてください。

友人の紹介

人口1万人以下の地方に住んでいた筆者の経験ですが、マッチングアプリも出始めの時期だったので、友人の紹介で出会いを作っていました。

紹介してもらう時の心構えとして、「この出会いのチャンスを絶対に逃さない!」というよりも「気の合う仲間が増えたら良いな」程度の方が良いでしょう

その方が、出会いを楽しむことができます。出会いを楽しむことができたら、相手からも好印象を持ってもらえるため、結果として恋人関係になれることもあるでしょう。

実際に筆者も、これで今の嫁さんとお付き合いすることができました。

友人に紹介を依頼する時は、細かい要望は出さずに「気を使わずに遊べる友人を増やしたい」と伝えることで、出会いの縁が広げることができるのでおすすめです。

職場

都心や地方などを関係なしに、出会いの場所となっているのが職場です。

職場の出会いをきっかけに結婚している男女は、3人に1人と言われていますが、これは、

  • 顔を合わすことが多いので、親近感を抱きやすい。
  • 共通の話題を持ちやすい。
  • 仕事を通じて、人間性を判断できる。

などのことが理由になっているでしょう。

社内での日々のコミュニケーションを大切にして、飲み会などがあれば積極的に参加することで、異性と出会うチャンスを増やすことができるでしょう。

同窓会

出会いが少なくて、恋人を作れないと悩んでいる人にとって、おすすめなのが同窓会に参加することです。

都心であれば、人数の多さから「こんな人いたかな…」と忘れられてしまい、会話も弾まないこともありますが、地方の同窓会であれば忘れられていることは少なく話しも盛り上げりやすいでしょう

旧友と仲良く話すことができたら、恋愛関係に発展することもあります。

年齢を重ねていくと「独身者は自分だけだろうな…」と考えてしまい、同窓会を敬遠する人もいるとは思いますが、1つでも出会いを多くするために前向きに参加した方が良いでしょう。

地方自治体主催の街コン 

あなたの住んでる街、もしくはその近郊の地方自治体で街コンは行われていないでしょうか?

街の魅力を広めると合わせて、地域に住んでもらう人を多くするために、街コンを行っている地方自治体もあります。

筆者が現在住んでいる北海道では、北見市(こちらをクリック)が開催しているようです。

参加費用は、それなりにかかるようですが、地域の地場産品を美味しくいただけて異性と出会うチャンスがあるのは嬉しいこと

気になる人は、まず自分の住んでいる市役所に問い合わせしてみて、無ければその近郊の市町村で行われていないかをネットで検索してみましょう。

市町村主催だから安心できるし、登録もいらないから、気軽に利用している人が多いみたい。俺の職場にいる20代の女性も、街コンで彼氏ができたと話していたな。
kenbo
kenbo
私の友達も、街コンで彼氏ができたって人いるよー。友達と参加できるから、楽しくお酒も飲めるし一石二鳥だよね(笑)
haru
haru

市町村主催の婚活イベント

男女の出会いが少ないことに、頭を悩ませているのはあたなだけではありません。

問題によくされている少子高齢化ですが、結婚している人が少ないことが1つの原因になっており、国や市町村でも解決策を考えています。

異性と交際している人の割合を調べた調査(国立社会保障・人口問題研究所によるもの)では、「男性の7割、女性では6割の人が交際していない」ことがわかりました。

そのため、出会いの場を設けている市町村も多く、北海道であれば結婚サポートセンターのサイト(こちらをクリック)にて、婚活イベントを調べることが可能です。

婚活イベントが市町村主催の場合恋愛の真剣度がかなり高い男女が集まるため結婚を目標にしている人にとっておすすめの出会いの場となるでしょう

まとめ~田舎で出会うにはマッチングアプリが効果的

地方の田舎で、出会いを見つけるために最も効果があるのがマッチングアプリです。

地方在住者におすすめのマッチングアプリTOP5は、

です。

可能であれば、マッチングアプリと合わせて、友人に紹介を依頼したり、自分の住んでいる市町村やその近郊の街コンや婚活イベントに参加すると、さらに出会いのきっかけを作れます。

この記事を参考にしていただくことで、住んでいるところが田舎であっても、素敵な恋人を見つけられる可能性を高めることができるでしょう。

LINE@KOIHARE
スポンサードリンク

最初のコメントをしよう

必須