スポンサードリンク

男性が女性に愚痴をこぼす心理6選と恋愛対象であるかの確認方法を解説

男性が女性に愚痴を こぼす心理選と 恋愛対象であるかの 確認方法を解説

好きな男性がよく愚痴を言ってくる場合、

「どういうつもりで私に愚痴を言っているんだろう」

「私を女友達としか見ていない?それとも恋愛対象として考えてくれている?」

などと感じてはいませんか?

男性が女性に対して愚痴をこぼすのには理由があります。

そこで今回は、

  • 男性が女性に愚痴をこぼす心理6選
  • 男性が愚痴を言える女性に対して恋愛感情があるかを確認する方法
  • 男性の心を開かせて恋愛対象になる愚痴の聞き方

などを解説します。

この記事を読むことで、愚痴をこぼす男性心理を理解して、恋愛成就のきっかけをつかめるようになるでしょう。

LINE@登録

男性が女性に愚痴をこぼす心理6選

あなたの周囲には愚痴を言う男性は多いですか?それとも少ないですか?

一般的に男性は、女性に対して愚痴をこぼすことは少ないです。

それにも関わらず、あなたに愚痴をこぼすのには6つの男性心理が関わっているため。

ここでは女性に対して愚痴を言う男性心理について詳しく解説していきます。

①仕事の愚痴を言って弱い自分を受け入れてもらいたい 

男性が愚痴をこぼす心理には、弱い自分を受け入れてもらいたいという気持ちが隠されています。

本能的に自由を好む男性に結婚願望が生まれる理由は安心して過ごせる場所が欲しいという思いがあるためです

安心して過ごすには「弱い自分を受け入れてもらえるという」という条件は必須になるでしょう。

結果が求められる仕事の愚痴をこぼすのは、弱い自分を受け入れてもらって安心したいという気持ちがあるためです。

②女性の愚痴を聞いてあげたい

愚痴はストレス発散になりますが、デメリットは聞き手にネガティブな思いを抱かせる可能性もあること。

女性の中には「私の愚痴なんて聞いてもつまらないよな…」と思っている方もいるのではないでしょうか?

そんな気持ちに配慮して男性から愚痴を言うことで女性にも話をしやすい雰囲気を作ってあげたいという心理を持つ人もいます

自分の愚痴を話し終えた後に、

  • 「最近の仕事の調子はどう?」
  • 「最近、イライラしたこととない?」

などと男性から話題をふってくる場合は、あなたの愚痴もしっかり聞いてあげたいという気持ちがあるためです。

③本音を言って女性と距離を縮めたい

愚痴を言う男性心理には、本音を言うことで女性との距離を縮めて親密な関係になりたいというものがあります。

人が親近感を抱く理由にはいくつかあり、その1つが自分の弱みを見せるという行為。本音から生まれる愚痴には弱い心やネガティブな感情も含まれてお愚痴を話すことで仲が深まるケースも少なくありません

いつもポジティブなことばかりを言う人よりも、仕事の失敗や悩み事を相談する人の方が、

  • 「私のことを信頼してくれているんだな」
  • 「私も同じようなことで悩んでいたな」

などと感じやすいでしょう。

ただしあまり愚痴を言いすぎると相手にネガティブな印象を与えることがあるので注意が必要です

男性が愚痴をこぼす理由には、本音を言って女性との心の距離を縮めたいという思いがあるためです。

愚痴を言うと、自分の人間らしさが伝わるから相手に安心感を与えることはあると思う。女性の反応を見ながらだけど、あえて愚痴を言う男性もいるよ。
kenbo
kenbo
自分と同じことに対して愚痴を言っていたら、思わず「わかる!わかる!」ってなるもんね(笑)
haru
haru
※kenboとharuのプロフィール

④女性に対して心を開いている 

あなたに対して心を開いている男性は、他の人には言いにくい愚痴をついついこぼすことが多くなるでしょう。

男性は女性と比較して愚痴を言うのを避けようとする傾向があるのは、男性脳は問題解決型で女性脳は感情共有型だからです。

愚痴を言うことで問題が解決するケースはほとんどないため愚痴を言わずに解決策を考えようとするの男性は多い一方で女性に対して心を開いている場合はついつい不満をもらしてしまうもの

愚痴に限らず、家族や友達などのプライベートな内容も気軽に話してくれる場合は、女性に対して心を開いている可能性が高いです。

⑤愚痴で愛情表現をしたい 

男性の中には愚痴を言うのが愛情表現だと考えているケースもあります。

辛い時に愚痴を聞いてくれると愛情を感じるのは男女共通していること

特に仕事でストレスを抱えている男性は、母性的な女性に魅力を感じる場合が多くなるため、愚痴を聞いてくれる女性を好む傾向があります。

あなたに愚痴をこぼすのは、上手に愚痴を聞いてくれる姿に愛情を感じているためと言えるでしょう。

⑥愚痴を話した後でアドバイスをもらいたい

論理的に考える思考の強い男性にとって、愚痴を話した後で他者からアドバイスをもらいたいという心理を持っている可能性もあります。

共感能力が高い女性に対して自分とは違う視点でアドバイスをもらいたいと思う男性は少なくありません

一通り愚痴を話し終えた後で、

  • 「〇〇ちゃんなら、どうしていたかな?」
  • 「上司の気持ちが理解できないんだけど、どうしたらいいかな?」

などの具体的な質問は出てくるのは、あなたに助言をもらいたい気持ちがあるためです。

特に男性の上司が女性の場合は、仕事の愚痴を話した後にアドバイスを求めるケースは多くなるでしょう。

男性が愚痴を言える女性に対して恋愛感情があるかを確認する方法

愚痴をこぼす男性を気にする理由は「私は恋愛対象にされていないから、愚痴をこぼすのかな…」と感じるからではないでしょうか?

脈なしか脈ありなのかは、愚痴を言う以外で出される好意のサインをチェックするのがおすすめ。

そこで、男性が愚痴を言える女性に対して恋愛感情があるかを確認する方法について解説します。

仕事の愚痴を笑い話にしている

あなたに対して恋愛感情がある男性は、仕事の愚痴を言う時はネガティブな印象を与えないようにして、笑い話に変えているケースが多くなります。

愚痴とは「言ってもしかたのないことを言って嘆くこと」であり、好印象よりも悪い印象を与えることが多々あるでしょう。

それでもあえて愚痴を言う理由には、親近感を抱いてもらって話を盛りあげたいと考えるためです。

愚痴のネガティブな要素を取り払うには最後は笑い話にしてポジティブな印象で終わらせること

男性から愚痴を言われても気分が落ち込まずに、お互い笑顔になってしまうケースではあなたに好意を抱いている可能性が高いでしょう。

女性の愚痴に対して質問して話を広げる

男性が話し相手に対して恋愛感情がある場合は、女性の愚痴をただ聞いているだけでなく、質問をして話を広げてくれます。

本来であれば女性の愚痴を聞くのは苦手な男性ですが、あなたとの恋愛を上手く運びたいと考えている男性は例外です。

あなたが愚痴をこぼした後にそれは大変だったねー俺でも同じように感じるかもその後は問題なかったのなどとあなたに共感するのに加えて具体的な質問をしてくる場合は好意があると考えても良いでしょう

LINEやメールの返信は遅いが会ってくれる

LINEやメールの返信は遅いけど定期的に会ってくれるかをチェックすることで、愚痴をこぼす男性があなたに恋愛感情があるかを確認できます。

男性が女性に対して愚痴を言えるというのは、あなたに対して信頼や安心感があるためです逆に言えば緊張感が少なくなり私のことを女性として見てくれていないのかな?と感じさせる男も少なくないでしょう

緊張感が少なくなると、LINEが既読になってかなりの時間が経過してから返信するケースは多くなりがち。

しかし、あなたに恋愛感情がある場合はLINEやメールの返信回数に関わらずに定期的に会ってくれます。

気になる男性が定期的に会ってくれているのであれば、あなたを恋愛感情を抱いている可能性が高いです。

過去の恋愛失敗談をネタとして話してくれる

失敗談を話す時には、どうしても愚痴も一緒にこぼれてしまうもの。

特に過去の恋愛失敗談をネタとして話してくるケースでは、愚痴も合わせて笑い話にするのは珍しくないでしょう。

自分の恋愛経験を話すのを避ける男性もいますが恋愛の価値観を伝えることで女性との相性を探りたいという人も存在します

あなたを不快にさせない範囲で過去の恋愛をネタとして話してくるのは、好意があるサインとして考えても良いでしょう。

男性の心を開かせて恋愛対象になる愚痴の聞き方 

愚痴を聞く時にちょっとした工夫をするだけでも、あなたに対する好意は増していき、いつのまにか恋愛感情を抱かせる可能性を高められます。

男性の心を開かせて恋愛対象になる愚痴の聞き方を詳しく解説するので、1つでも多く実践しましょう。

最後まで愚痴を聞く

異性から恋愛対象として認めてもらうには、信頼関係をきずくのが大切になります。

男性の愚痴を最後まで聞くとあなたへの信頼は高まり、恋愛感情を抱かせることができるでしょう。

1度に複数のことをこなすのが苦手な男性にとって、愚痴を話している途中で他の話をされると大きなストレスになります。

ただし、愚痴を話している相手の言っている内容が理解できない場合は、愚痴の合間に質問をしても問題ありません。

基本的には一通り愚痴を話し終えるまでうなずくなどの共感的な態度を取りながら最後まで聞くと男性から好意を抱かれます

希望が無ければ愚痴に対するアドバイスはしない

恋愛対象になる愚痴の聞き方で守ってもらいたいのは、「希望が無ければ愚痴に対するアドバイスはしない」です。

どんなに正しいアドバイスをしたとしても、

  • 話を聞いてほしい」「話を盛り上げたいと思っているだけなのにアドバイスをされると気分が下がる
  • 男のプライドを傷つけられる
  • 自分のことを理解してくれていないと感じる

という思いを抱かせるリスクがあるでしょう。

例外として男性から助言を求められた場合はあなたの意見をアドバイスすると喜ばれます

基本的には愚痴に対して助言はせずに、聞き役に徹することを大切だと覚えておくと、好意を抱かれる可能性を高められます。

愚痴に対して質問をする

男性の愚痴に対して適度に質問をすると、親密度を上げて恋愛対象になれるでしょう。

話に質問ができるのは、その人に関心があるためです。自分に興味を抱いてもらえていると感じると、承認欲求が満たされて一緒にいて居心地が良いと感じます。

質問が思いつかないという方は、5W1Hで話しを聞くのがおすすめ。

例えば、上司が理不尽に怒ってくるという愚痴に対して、

  • When(いつ):上司に怒られたの「いつ」か?出勤直後、退社の前など。
  • What(何):「何」に一番腹が立ったか?帰宅が遅くなる、仕事の邪魔をされたなど。
  • Where(どこ):「どこ」で上司が怒ってきたのか?オフィス、飲み会の場、通勤路など
  • Why(なぜ):「なぜ」上司は怒ってきたのか?家族と喧嘩をしてきた様子だった、チームの営業成績が悪いなど
  • How「どのように」:上司は怒ってきたのか?怒鳴ってきた、無視してきたなど

やや無理をしてあげた箇所もありますが、重要なのは5W1Hの視点を持つと質問ができるようになり、男性の気持ちを深く理解するきっかけを作れることです。

注意してほしいのは男性の愚痴が盛り上がっている最中に何度も質問すると気分を悪くさせる可能性もあるため話の節目や終了後に質問すると良いでしょう

男性の失敗談を笑ってあげる

相手の失敗談に対して笑うのに抵抗を感じる女性はいるかもしれませんが、男性の失敗談に対して笑ってあげると好感を抱かせることができます。

女性の前ではできるだけいい格好をしたい男性にとって、わざわざ自分の失敗談や愚痴を言うのは、笑いのネタとして話している可能性があります。

男性が女性に感じる魅力の1つが笑顔。自分の失敗談を否定をせずに、笑ってくれる女性に対して好感を抱き、いつのまにか恋愛対象になることもあります。

男性が深刻な顔をしたり真面目な様子で愚痴を話したりしている場合は笑うのNGですが明るい雰囲気で愚痴を言っているのであれば笑顔で話しを聞くようにするのがおすすめです

女性が愚痴を笑顔で聞いてくれると気になる存在になるケースは多々あるな(笑)自分の失敗を笑ってくれると、付き合ってからも楽しく過ごせるイメージがわきやすい(^^)
kenbo
kenbo
プライドの高い男性もいるから、愚痴を全て笑顔で聞くと好感を下げることもありそう…。男性の性格や話している雰囲気を見て、笑顔か真面目に聞くかを判断するといいね!
haru
haru

愚痴の終了後に好印象を与えることを話す

愚痴をこぼすのが続いているのを自覚すると「相手をネガティブな思いにさせてしまっているかな…」と不安になる男性もいます。

愚痴を聞いた後に、

  • 「私も〇〇君と同じようなことがあったよ!」などと共感的な意見を話す
  • 愚痴を明るい雰囲気で話しているのであれば「〇〇君の話ってあきないね」と伝える
  • 「今日は話ができて楽しかったよ」と一緒にいて、ポジティブな気分になれたことを伝える

特に3つ目は最後に与えられた情報でその人の印象を決めるという心理学の親近効果をねらったもの。男性と別れる直前に積極的に活用すると好意を抱いてもらえるようになるでしょう。

まとめ~男性が愚痴をこぼすのは心を開いている証拠

男性が女性に愚痴をこぼす心理は、

などがあります。

愚痴を言う男性が気になる存在の場合は「自分を恋愛対象としてみているのか」と不安になりますよね。

恋愛において全く緊張感がないと友達以上の関係になるのは難しいケースもありますが、信頼関係をきずくのに失敗すれば付き合えたとしても長続きはしません。

あなたに対して愚痴をこぼすことができるのは少なくともあなたを信頼して心を開いているから

他の女性よりは恋愛関係につなげられるチャンスは多いと言えるでしょう。

現時点で恋愛対象であるかをチェックするには男性が愚痴を言える女性に対して恋愛感情があるかを確認する方法で確認するのがおすすめ。

この記事を参考にすると、愚痴をこぼす男性心理を理解できるため、上手に話を聞けて恋愛関係に発展させられるようになるでしょう。

LINE@KOIHARE
スポンサードリンク

最初のコメントをしよう

必須