googleアドセンス

スポンサードリンク

【社会人向け】異性との出会いを増やす方法14選

4人の男女が手をつないでいる

社会人になって恋愛をしようとすると、

「恋愛したくてもいい出会いがない」

「出会いのきっかけの作り方がわからない」

という悩みを抱えたことはないでしょうか?

学生の時と比較して、自由に過ごしたり、友人と遊んだりする時間が少なくなる分、出会いのきっかけは少なくなるもの。

恋愛は自然な出会いから始めるべきだと考える人もいるとは思いますが、待ってばかりでは、年齢だけを重ねていくということにもなりかねません。

今回紹介する「出会いを増やす努力の方法」にチャレンジして、素敵なパートナーを見つけましょう。

出会いを増やす努力の方法14選

既に出会いを増やす方法にチャレンジした結果、「出会いを求めて行動したけど、素敵な相手が見つからない…」と感じたことがあるのは、あなただけではありません。

出会いを増やすためには、行動するのと同時に「心構え」を整えることが重要です。

その心構えとは、

一発で恋愛相手を見つけようとせずに出会いのチャンスを増やしていく

ということ。

出会いを増やす行動を継続することで、恋愛相手だけでなく、新たな友人を見つけられることもあるでしょう。

交友関係を広げることで、色んなタイプの異性と出会えるチャンスも増えます。

出会いを増やす心構えを大切にして、これから紹介する方法を継続して行ってみましょう。

①友人に紹介してもらう 

シンプルかつ確実に出会えるのが、友人に紹介してもらうという方法です。

友人に紹介を依頼することで、あなたと紹介される相手の相性が考慮されるため恋愛関係に発展しやすい傾向があります。

一方で、「恋愛に飢えていると思われないかな…」「せっかく紹介してもらったのに、恋愛に発展しなかったら申し訳ないな…」と思ってしまい、気が引けてしまうこともありますよね。

実はあなたの考えすぎな場合が多く、心配はいらないことがほとんど。

社会人にもなれば、出会いの少なさは共通の悩みです。友人もあなたの悩みを理解してくれることが多いため、素直に頼った方が良いでしょう。

友人に依頼する時は、細かい条件をつけたり、紹介相手と会った後に友人へ不満を言ったりせずに、必ず感謝の言葉を伝えるのがおすすめです。

②職場の飲み会に参加する

結婚しているカップルの3人に1人が、「職場」の出会いがきっかけということをご存知ですか

「職場には、恋愛をするような人はいない」と決めつけずに、社内で飲み会などがあれば、積極的に参加して異性と会話をしてみましょう。

はじめは、恋愛を意識していなくても、お互いの仕事の目標や悩みを共有しているうちに、新たな感情が芽生えることも珍しいことではありません。

職場の異性と恋仲にならなくても、友人として親密になることで、あなたに恋愛相手を紹介してくれることもあるでしょう。

今まで恋愛対象でなかった同期社員が、自分の失敗を支えてくれたことがきっかけで、気になる存在になった経験があるわ(笑)
kenbo
kenbo
そうなんだ(笑)仲の良い友達関係になってから恋愛するのは、私は厳しいかなー
haru
haru

③マッチングアプリを利用する 

マッチングアプリとは、恋愛したいと望む男女を結びつけるツールです。

アプリに登録すると、あなたの恋愛条件に合った異性を探してくれて、マッチングできそうな相手を見つけることができます。マッチング後に、メッセージ交換をして、直接会うのが通常の流れです。

「なんだか、出会い系みたいで気が引ける…」という方もいるかもしれませんが、マッチングアプリをきっかけにして恋愛結婚にいたるケースがあるのは珍しいことではありません

アプリには様々な種類があり、「ヤリモク」が目的のようなあやしいものもあれば、健全なものもたくさんあります。

無料登録ができるアプリがほとんどなので、まずは登録してどのような人達が利用しているかを確認すると良いでしょう。

もしかしたら、その中にあなたの恋人になる人がいるかもしれません。

④ネットのSNSを通じて出会う 

ネットのSNS(Twitter、インスタグラム、フェイスブック、mixiなど)で、メッセージのやり取りをしているうちに仲良くなり、恋愛関係に発展するパターンもあります。

SNSを確認することを習慣にして気になる異性がいた時は積極的にメッセージを送ってみると良いでしょう

相手と初めて会うことになった時、「顔が見えない人と会うのは不安…」と感じることもあると思います。

その時は、複数で会うことを提案したり、昼に会ってランチしたりすることから始めると良いでしょう。

⑤合コンに参加する

合コンと聞くと「チャラい」「恋愛にガツガツしている」「数合わせ」などの悪いイメージがありがちですが、新しい出会いを見つける良いきっかけになります。

社会人ともなれば、それなりの節度を持っている方がほとんどのため、あなたがもつイメージほど悪いものではないでしょう。

あなたに時間があり、友人から合コンの誘いがあれば出会いのチャンスだと思って積極的に参加するようにしましょう

合コンがしたくても中々できない場合、合コンをセッティングするアプリもあるため、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

⑥街コンに参加する 

大人数の男女が集まる出会い系のイベントを、街コンと言います。

街コンの主催は企業だけでなく、地域活性化を狙って市町村が行うこともあります。

参加人数が多いことや最低限のプロフィールを書くのが条件になっているため安心感もあり出会いを求める恋愛初心者の方も参加しやすいでしょう

デメリットとしては、街コンでいい人を見つけたとしても、人気のある異性の場合は、他からも多くのアプローチを受けていることが多く、競争率が高くなってしまうこと、初めての人と話すのが苦手と言う場合は何もできずに終わってしまうことがあります。

1人が不安という方は、複数で参加可能の街コンもあるため、友人と一緒に参加するのも良い方法です。

⑦婚活パーティーに参加する 

婚活パーティーは、「結婚を目的」にした男女が集まるイベントです。

街コンと同様、企業や市町村が主催をしていることがほとんどですが、異なる点は「結婚に対する真剣度」。身分証明書の提示を必須条件とていることが多く、中には独身証明書を求めていることもあります。

婚活」に集中したい方は街コンではなく「婚活パーティー」に参加した方が目的の恋愛相手を見つけやすいでしょう

⑧結婚式の2次会に参加する

結婚式の2次会は、自然に男女が出会えるのに加えて、様々なメリットがあります。

  • 久しぶりに会った友人が恋愛対象になる。
  • 初対面の人と話がしやすく出会いのきっかけをつくれる
  • 祝いの席なので会話が盛り上がりやすい

披露宴で出会いのきっかけを作ることは難しいですが、2次会であればチャンスは増えるはず。

久しぶりに会った友人や初対面の人と話をするのは緊張すると思いますが、恋愛する目的は一旦忘れて、相手を「知る」ことに集中すると、会話が弾んだり、好印象を与えたりすることができます。

結婚式に参加した時は、友人と自分のためにも積極的に2次会に参加するようにしましょう。

⑨同窓会に参加する 

同窓会から恋愛に発展するのは、身近な人から聞いたり、ドラマなどで見たりした経験があるのではないでしょうか?

恋愛に大切な「親近感」や「ギャップ」のどちらも抱きやすい同窓会はあらなた出会いを生む場としては最適な場所の1つ

同窓会は何度もあるチャンスではないため、案内が来た時は極力参加するようにしましょう。

⑩結婚相談所を利用する 

あなたが結婚を具体的に考えている場合結婚相談所を利用すると確実に異性と出会うことができます

結婚相談所を利用しにくいと答える人の中には、「親や友人に言いにくい」「自然な出会いを求めたい」という理由を持つ人がいますが、出会い方にこだわっていてはチャンスを逃してしまうことが多くなるでしょう。

あなたの恋愛目的が「結婚」の場合は、出会いを増やす方法の選択肢の1つに、結婚相談所を入れることをおすすめします。

⑪習い事や社会人サークルに参加する

突然ですが、あなたは趣味や仕事以外で興味が持てそうなことはありますか?

趣味や興味のあることに関連した「習い事や社会人サークル」に行くことで、異性と出会うきっかけを作ることができるでしょう。

なぜなら、あなたが気になる人と共通の話題を持てるため話が盛り上がりやすく恋愛関係に発展しやすいというメリットがあるからです。

この時に注意したいのが恋人を見つけるためだけに参加するということ

恋愛のためだけに参加してしまうと、習い事やサークルが長続きしなく、良い出会いも見つけにくくなるため、自分の趣味や興味と関連したものに絞って参加することがおすすめです。

⑫オフ会に参加する 

オフ会のオフとは、オフラインが由来とされています。

普段はネットオンラインで交流している仲間と、実際に合って食事したり、お酒を飲んだりするのが一般的です。

SNSの趣味などに関連したコミュニティ、オンラインゲーム、などに仲間がいて、オフ会の誘いがあったら積極的に参加するもしくはあなたが企画してもよいかもしれません

⑬お気に入りのバーを見つける

少し上級者向けになりますが、お気に入りのバーを見つけて異性と出会うという方法もあります。

バーは一人でお酒を飲みに来ている人が多くほろ酔いであれば初対面でも話が弾みやすいため出会いを求めるお酒好きな方にはおすすめなスポット

ただし、お酒が苦手な方は利用しにくいということと、初対面の人と話すのに不安が強い場合は、他の方法で出会いを見つけた方がよいでしょう。

⑭ナンパにチャレンジする

自ら出会いをつくる方法は様々ですが、ナンパが個人の力が最も試されるものであり、素早く好みの相手にアプローチできる方法ではないでしょうか。

男性がするイメージが強いナンパですが、女性から男性にアプローチする「逆ナン」もあります。

難易度はかなり高めなため、まずは今まで紹介してきた出会いの方法を試して異性と話すことに慣れてきたらナンパにチャレンジする流れが良いでしょう

実際に恋人と出会った体験を紹介

出会いを増やす方法を継続することが大切だと理解できても、中々良い結果が出ないとモチベーションが下がってしまい、行動するのが嫌になることもありますよね。

実際に出会えたエピソードを紹介するので、出会いを増やす行動のモチベショーンの維持に役立ててください。

友人からの紹介で恋人と出会ったケース

これは、当記事を書いている筆者の経験です。

友達に紹介を頼むのは「あまりルックスが良くない自分が、紹介を頼むのは気が引けるな…」と思っていましたが、「恋愛相手ではなく、まず気が許せる飲み仲間ができたらいいな!」という思いで紹介を依頼しました。

私はこの時の半年前に恋愛に失敗しており、「恋愛は焦らずに、新しい出会いを求める中で、良い人がいれば…」というのと「次の恋愛相手は、明るくて話が合う人!」と決めていたのですが、偶然にも紹介してもらった女性が、自分の恋愛したいと思える相手だったのが驚きです。

これが縁となって、この時の出会いが結婚につながったので、友人に紹介を依頼しなければ今はまだ独身だったかもしれません

友達に紹介してもうおうと思った時は、「結婚」のことまで考えていなかったから、今こうして夫婦でいるのが驚きだよ(笑)
kenbo
kenbo
私も(笑)出会いを「恋人を見つけるためだけじゃなくて、交友関係を広げる」という心構えを持てるといいのかも!
haru
haru

マッチングアプリの利用で恋人と出会ったケース

女友達が、大好きだった彼氏と失恋してしまい落ち込んでいたのですが、その後「こうなったら色んな男性と遊んで、良い出会いを見つける!」と決意。

ペアーズ、タップルなどのマッチングアプリを使用して、色んなタイプの男性と遊んで、最終的に気づいたのが「感じたことを隠さずに言い合うことが大切という価値観は、日本人男性とは合わないのでは…?」という思いでした。

その後は、外国人に絞ってマッチングを行い、今は自分の価値観と合う彼氏と付き合うことができています。

このケースは、出会い方にはこだわらず色んな人ときっかけをつくることが大切だと割り切ったのが良い出会いに結びついたと言えるでしょう

まとめ~社会人は自ら動いて出会いを増やしましょう

社会人が出会いを増やす方法は、

があります。

共通しているのが自ら動いて出会いを探しに行くということ

「待っていれば、いつかいい人が現れる」という姿勢では、理想のパートナーと出会うことは難しいでしょう。

1度の出会いで理想のパートナーを見つけるというよりも、「出会いを重ねるごとに、恋愛のご縁を増やしていける」という心構えが大切になります。

この記事を参考にしていただき、素敵な恋愛相手と出会うきっかけを増やしていきましょう。

googleアドセンス

スポンサードリンク

最初のコメントをしよう

必須