/*ヒートマップ*/

友達の紹介は付き合う前提?恋愛に発展するまでの流れと交際を決めるポイント

  • 2021年6月24日
  • 2021年8月23日
  • 彼氏

「紹介された男性から、出会ってから1~2回のデートで告白されて戸惑っている…。友達の紹介は付き合う前提なの?」

「友達から紹介された男性から、恋愛発展しそうだけど、本当に付き合っていいのか悩んでいる」

友達に紹介された異性から、自分の予想よりはるかに早く告白されてしまうと、相手をよく知らないため付き合うのに抵抗を感じる人もいるでしょう。

そこで、

  1. 友達の紹介は付き合う前提で考えるべきか?
  2. 友達の紹介を付き合う前提と考える男性心理【恋愛発展が早い男とは?】
  3. 友達の紹介から付き合うまでの流れ
  4. 友人の紹介で付き合うメリットとデメリット
  5. 友達の紹介で付き合うべきか悩んだ時に考えるポイント4つ
  6. 【筆者の体験談】友達の紹介を付き合う前提で考えていたか?その後の恋愛発展と結婚について
  7. まとめ〜友達の紹介を付き合う前提と考えるより大切なこと

について解説します。

この記事を読むと、友達に紹介された男性と付き合う前提であるかを知ることができ、あなたらしい恋愛をするための方法を理解できます。

目次

友達の紹介は付き合う前提で考えるべきか?

結論から言うと、友達の紹介を付き合う前提で考えなくてもOK。

付き合う前提の有無に関わらず、恋愛は上手くいくこともあれば、失敗するケースもあります。

詳しくは筆者の体験談で解説しますが、付き合う前提で紹介されたわけではない二人が、結婚して幸せな家族を築いています。

一方で友達の紹介から付き合う確率で説明しますが、紹介から恋愛発展しないケースもあるでしょう。

ただし、いくつか注意点があり、

  • 友達が信用できる人ではない。
  • 友達に対して、紹介を受けるからには真面目に付き合う考えがあると話している。
  • 現在、さみしい思いをしており、今すぐにでも恋愛をしたいと相談している。

などがあれば、友達や紹介相手から付き合う前提と誤解を与えやすくなるでしょう。

友人から紹介を受ける時は、

「いい人がいれば恋愛はしたいけど、それ以上に色んな人の話や経験を聞くのを楽しみたい!」

「紹介してくれるのは嬉しい!ただ、お互いよく知ってからでないと、恋愛はできないけど大丈夫?」

などを参考にしながら、あなたの思いを友達に伝えておくと、付き合う前提とは考えられなくなるでしょう。

友達の紹介を付き合う前提と考える男性心理【恋愛発展が早い男とは?】

共通の友達とはいえ、出会って間もないのに告白されると「この男性は、何を考えているのだろう…」と感じる女性もいるでしょう。

人はわからないものには不安を抱くもの。

不安などのネガティブな感情は、素敵な恋愛をするための判断力を鈍らせます。

あなたの不安を軽くするために、友達の紹介を付き合う前提と考えてしまいがちな恋愛発展の早い男性心理を解説します。

友達の紹介なので相手を信頼している

初めて会った相手とは、すぐに付き合うのは難しいと考えるもの。

しかし、信頼できる友達の紹介で出会っていれば、恋愛発展が早くなります。

女性は感情共有や相手を知るために会話をしますが、男性の情報交換が中心。

普段から信頼できる相手からの情報、つまり紹介の場合は、会う前からあなたを信頼しているケースが多くなるでしょう。

紹介された時点で、あなたへの信頼度は高くなるため、相手を疑う必要がなく、恋愛発展するのが早くなりやすいです。

友達関係よりも恋人になって相手をよく知りたい

社会人同士かつ友達関係では、会う頻度は多くても1週間に1回程度。

時にはお互いのスケジュールが合わなくて、1カ月に1回しか会えないケースもあるでしょう。

会う頻度が少なければ、相手をよく知るために多くの時間がかかります。

相手を良く知った上で付き合えたとしても、恋人になってから実は相性が合わないというケースも珍しくはありません。

男性は女性よりも合理的な考えを持っているため、出会ってから時間をかけずに相性を確認するには、早く付き合った方が良いと考えてることもあります。

恋人としての相性を早く知りたいという男性心理が、友達の紹介から恋愛発展が早い理由の1つになっています。

早く付き合って恋人同士でしかできないコミュニケーションをしたい

男性は女性よりも、性欲が強く、恋人同士でしかできないハグやキス、エッチといった恋人同士でしかできないコミュニケーションを早くしたい欲求があります。

本能的な欲求が、友達の紹介から間もないのに告白してしまう1つの原因になっているでしょう。

「体目当てで、付き合うのを求めているみたいで嫌だな…」と感じる女性もいると思いますが、恋人同士でしかできないコミュニケーションをしたいという欲求は、ほぼ全ての男性が持っているもの。

男性に性欲などの本能的な欲求がなければ、恋愛発展することもなくなるため、あまりネガティブに考えないようにしましょう。

一方で、少ないですが体目当てのヤリ目男性も存在します。

友達の紹介で付き合うべきか悩んだ時に考えるポイント4つを参考にしながら、友達の紹介から恋愛発展が早い男性と付き合うかを考えていくのをおすすめします。

さみしがり屋で恋愛好き

友達から紹介された男性が、さみしがり屋で恋が大好きであれば、出会ってから数週間以内で付き合いたいと告白してくるケースは多くなります。

男性は自由を好む傾向が強いため、常に彼女がいないと落ち着かないという場合は珍しいです

一方で、自由よりも愛情を求める気持ちが強い男性も存在するため、恋愛をしていない期間を不安に感じる人もいます。

「さみしがり屋の男性と付き合うのはちょっと…」という女性は、紹介を受けた友達から、男性の恋愛経験や性格を聞いてみましょう。

もしくは、男性に直接今までの恋愛を聞いてみて、恋人のいなかった期間、理想のカップル像を確認してみるのも良いでしょう。

男性に常に恋人がいたり、カップルになったらずっと一緒にいたいという希望があったりすれば、さみしがり屋で恋愛好きなのが理由で紹介から恋愛発展が早いケースだと考えましょう。

友達から紹介された相手も恋愛モチベーションが高いと思っている

友達の紹介は、気軽にできる小さなお見合いのようなもの。

相手も恋愛をしたいから、紹介をお願いしたと男性が思い込んでいれば、恋愛発展も早いです。

返報性の原理というものがあり、相手から好意を感じたら、自分もその人を好きになるという心理があります。

男性が「相手も俺と同じで恋愛したいと考えている」と感じていれば、恋心も芽生えやすくなるでしょう

加えて、女性よりも男性は相手の気持ちを読み取るのが苦手。

あなたがお互いのことを知ってから付き合いたいと考えていても、気持ちをくみ取れずに告白してしまうのも珍しくはありません。

共通の友達から紹介されたから、お互い恋愛モチベーションが高いと思い込んでいたら、恋愛発展するのは通常よりも早く進みます。

紹介された相手に一目惚れした

もし、あなたが紹介相手から一目惚れをされた場合、その瞬間から恋愛発展は開始。

一目惚れした女性であれば、紹介されて出会った直後であっても、すぐに付き合いたいと考えるのが男性という生き物。

男は視覚から恋愛すると言われており、好みの女性を見ると一気に恋心が燃え上がります。

今まであなたが外見をほめられたり、素敵なスタイルをしていたりすれば、一目惚れをされやすいため、紹介から間もなく恋愛発展してしまうのは珍しくはありません。

友達の紹介から付き合うまでの流れ

友達の紹介から付き合うまでの恋愛発展が早すぎる場合、

「紹介を受けたら、やっぱりその人と付き合わなくちゃいけないの…?」

「紹介から付き合うまでの期間は、みんなどれくらいなの?」

などの疑問を抱くでしょう。

そこで友達の紹介から付き合う確率、交際発展するまでの期間や流れについて解説します。

友達の紹介から付き合う確率

友達の紹介から付き合う確率を、MENJOYが20~40代の男女500名にアンケート調査をしたところ、

友達の紹介で付き合う確率

出典:MENJOY

という結果でした。

以外にも、友達の紹介から付き合ったと答えたのは「10人中3人」の割合しかいません。

筆者の経験でも、今まで(高校生~20後半)友達から紹介を受けた女性は7名前後ですが、実際に付き合ったのは1名のみ。

調査結果や筆者の経験を踏まえても、友達の紹介を付き合う前提で考える必要はないと判断できます。

友達の紹介から付き合うまでの期間

先ほど同様MENJOYというサイトにて、出会ってから付き合うまでの期間が調査(20代~40代の男女500名を対象)されています。

出会ってから付き合うまでの期間(グラフ))

出会ってから付き合うまでの期間

出典:MENJOY

最も多いのが「1週間~1カ月以内」ですが、デートの回数によっても男性と付き合うかの判断は別れるでしょう。

恋人になるかを見極めるまでに何回デートが必要かとうい調査を、ozmallが行っていたので下記を確認してください。

付き合うまでに何回デートするか?

出典:ozmall

出会ってから付き合うまでのデート理想回数は「3回」が最多でした。

これまでの調査を参考にすると、友達の紹介を受けて出会ってから「1週間以上」かつ「3回以上のデート」が付き合う前の必要な期間だと考えている人が多いです。

恋愛は100人いれば100通りの価値観があるため、紹介から付き合うまでの絶対的な正しい期間はないものの「1週間以上でデートを3回以上」を1つの参考にすると良いでしょう。

友人からの紹介から「デートを重ねて付き合う」のが一般的

友達の紹介から付き合うまでの流れは、

  • 共通の友達を介して、連絡先を交換する。もしくは、友達を含めて3人以上で会ってから、LINEの連絡先を教えてもらう。
  • LINEで定期的に連絡を取り、複数回デートを重ねる。
  • デートを重ねて恋心が芽生えたら、お互いの状況を加味しながら、好きな相手に告白する。

というのは、一般的です。

まだLINEしかしていない段階で告白してくるような男性は、恋愛においてはあまり信用できないため、せめて複数回デートをしてから判断するのをおすすめします。

悩ましいのは1~2回しかデートをしていないのに、男性が告白してくるパターン。

真剣な恋愛を考えているケースもあれば、軽い考え方で恋をしていることもあるでしょう。

紹介された男性と付き合うかを悩んでいる場合は友達の紹介で付き合うべきか悩んだ時に考えるポイント4つで解説する方法を参考にするのをおすすめします。

友人の紹介で付き合うメリットとデメリット

コインに裏表があるように、何事にもメリットとデメリットはつきもの。

友達の紹介にもメリットとデメリットが存在し、事前に理解しておくと後悔の少ない恋の選択肢を選べます。

ここでは、友人の紹介で付き合うメリットとデメリットを解説します。

紹介で付き合うメリット

友達の紹介で付き合うメリットは、

  1. 恋愛関係に発展するのが早い。
  2. 共通の友達の紹介であるため、信頼できる人と出会いやすい。
  3. 付き合ってから、彼氏と気持ちのすれ違いが起きた時に、友達にアドバイスを受けられる。

などがあります。

友達の紹介を付き合う前提と考える男性心理【恋愛発展が早い男とは?】でも解説しましたが、共通の友達を介して出会っているため相手に対する信頼度が高くなり、恋愛発展が早くなるのが特徴です。

恋愛発展が早いというのは、相手を良く知ってから付き合いたいという人にとってはデメリットになり得ますが、仮に好きな男性を紹介されたらメリットとして感じられるはず。

また、恋は出会いよりも付き合ってから悩むケースは珍しくなく、共通の友達に恋愛相談をしやすいのも良い点だと言えるでしょう。

紹介で付き合うデメリット

紹介で付き合うデメリットは、

  1. 紹介された男性と恋愛発展をしなかったら気を使う。
  2. お節介な友達だったら、根掘り葉掘り聞かれて、わずらわしく感じることがある。
  3. 別れたら気まずい。

などがあります。

一番デメリットと感じやすいのは、①の「友達に気を使う」でしょう。

しかし、友達の紹介は付き合う前提で考えるべきか?で解説しましたが、事前の友達に話をしておくと、たくさん気を使う必要はなくなります。

②と③は、社会人で信頼できる友達であれば、デメリットと感じずらいです。

「紹介を受ける前に、友達に自分の思いを伝える」「信頼できる友人から紹介を受ける」という2点をクリアできれば、友達の紹介で出会って付き合うデメリットは生じづらくなります。

友達の紹介で付き合うべきか悩んだ時に考えるポイント4つ

友達の紹介から恋愛発展が早いのは嬉しさがある反面、相手をほとんど知らない中で付き合うのに、不安を感じる女性もいるでしょう。

そこで、友達の紹介で付き合うべきか悩んだ時に考えるポイント4つを解説するので、男性から告白されて交際するかに悩んだ時に役立ててください。

①紹介相手の男性に好印象を抱いているか?

何より、大切なのはあなたの気持ちです。

友達に紹介された相手に、明確な恋愛感情はなくても、好印象を抱いていますか?

  • 誠実さ
  • ルックス
  • 仕事(経済力)
  • 会話の相性

などの点で「この男性、素敵なところはあるな…」と感じていれば、明確な恋愛感情はなくても、付き合ってから好きになる可能性は十分あります。

特に「誠実さ」は長期の恋愛、結婚となれば不可欠な要素。

恋愛に真摯で、パートナーシップを持てそうな男性であれば、付き合うのを前向きに考えても良いでしょう。

逆に「誠実さ」を全く感じていなければ、付き合っても別れるケースが多くなるので、交際するのはおすすめできません。

友達から紹介された男性に対して、明確な恋愛感情を自覚してなくても、好印象を感じていれば、前向きに付き合うのを検討してみましょう。

kenbo
完璧な恋愛感情を抱かないと付き合わないというのは、少しもったいないかもしれない。人として魅力を感じられて、信頼できる男性なら、付き合ってから好きになる可能性もある。
haru
私はシンプルに好きだから付き合うタイプだからな苦笑。付き合ってからどんどん好きになる女性もいるから、交際する選択肢もアリかもね!

②紹介してくれた友達は信頼できる人か?

友達の紹介で恋愛発展が早くて付き合うか悩んでいる時、相手の男性を見るのも大切ですが、友人に対する信頼度も重要な要素になるでしょう。

あなたという人間は周り5人の親しい人からできている」という名言がありますが、信頼できる人には、同じような性格を持つ友達が多くなる傾向があります。

恋愛発展が早くて不安になっている時は、あなたと友達の「信頼度」「親しさ」を加味して、いずれも高い状態であれば、紹介された異性との恋を前向きに考えても良いでしょう

③紹介相手と付き合った時の不安点を小さくすることはできるか?

紹介された相手と、すぐ付き合った時の不安点は、

  • 付き合ってから相性が悪いと感じて、別れたくならないか?
  • 彼女になってから、私を嫌いにならないか?
  • 体目当てではないか?

などがあるでしょう。

あなたの思いを話して、それを受け止めてくれる人であれば、付き合ってからの不安点を改善できる男性と考えられます。

紹介相手を大好きな状態で付き合ったとしても、交際期間が長くなればなるほど、恋心は落ち着いていき、価値観の違いから今後の恋愛関係に不安を覚えるケースは出てきます。

その時に大切になるのは、彼女の話をしっかり聞けるパートナーであること。

友達の紹介から恋愛発展が早くて戸惑っている気持ちを相手に話して、それをしっかり受け止めてくれる男性であれば、恋人関係になるのはアリだと考えましょう。

④恋愛の経験値をあげることにポジティブな考えはあるか?

恋は失敗しないように慎重にするよりも、経験を重ねていく方があなたらしい恋愛を見つけられます。

恋愛経験とは、

  • 色んな異性と付き合う。
  • 1人の男性と長期間付き合う。
  • 様々なタイプの人とコミュニケーションをして、出会いを楽しむ。

など、色んな方法で積み重ねられます。

特に付き合ってからの経験は、あなたの恋愛価値観を刺激して、自分らしく生きるための「恋の対する向き合い方」を理解することができます。

例えば、紹介された男性が、情熱的な気持ちの持ち主だった場合、

  • 愛される喜びを知る。
  • 愛されるよりも、愛したい欲求が強いことを知る。
  • 実は恋愛よりも、自分の仕事や趣味を大切にしたいと気付く。

などの体験ができ、自分の価値観をより明確にできます。

価値観が明確になれば、前向きな行動が多くなり、恋愛成就もしやすくなります。

失敗を恐れずに、素敵な恋愛を楽しみたいという思いがあれば、友達から紹介された相手と付き合うのは悪いことではありません。

【筆者の体験談】友達の紹介を付き合う前提で考えていたか?その後の恋愛発展と結婚について

筆者は友達の紹介で、付き合って結婚までに至りました。

そんな筆者は、友達の紹介を付き合う前提とは全く考えていませんでした。

紹介を依頼したのは筆者であり、新人時代に同僚だった女友達にお願いします。

筆者は失恋から半年以上が経過しており「気軽に話せて一緒にお酒を楽しめる友達が1人でも増えたらいいな。その中で、いい人と出会って付き合えたらラッキー」程度にしか考えていませんでした。

紹介を依頼した友達は、明るくて仕事もできる信頼度の高い人。

会う前に紹介される女性と連絡先は交換せず、最初に5人で会って居酒屋で食事をしました。

お酒を飲みながら、みんなで会話を楽しめたので、2次会はカラオケへ行くことに。

筆者は酔っていたので、紹介された相手の連絡先を聞き忘れていて、友達から「LINEの交換はしたの?」と言われる始末。

その後、連絡先を交換して、二人きりでデートに行きます。紹介された当初は、付き合うとは考えていませんでしたが、話をするたびに相手の魅力に惹かれていきます。

出会ってから4回前後のデート、期間は1カ月程度で筆者から告白し交際スタート。付き合ってから2年間を経て、結婚し今は子供もいます。

筆者の体験談を振り返ると、

  • 信頼できる友達に紹介を依頼した。
  • 事前に友達へ「いい出会いがあれば恋愛したいけど、まずは一緒に食事を楽しめる友達がほしい」程度に話をする。
  • 友達の紹介を付き合う前提で考えずに、出会いを楽しむ程度に考えていた。
  • 付き合う前は定期的にLINEをして、複数回デートをした。

というポイントがありました。

その結果、友達からの紹介から恋愛発展、結婚まで行き、充実した家族生活を送っています。

友達から紹介を受けた男性が、付き合う前提かを考えているよりも、大切なのはあなたの気持ち。

早すぎる恋愛発展にあれば、あなたの思いを伝えて見ましょう。

あなたの思いを受け止めてくれる様子があれば、自分自身の恋心を自覚することもあります。

もし、付き合って失敗したとしても、結婚をしているわけではないので、別れるのはそれほど難しくはありません。

信頼できる友達からの紹介かつ、相手の男性に好印象を抱いているのであれば、恋愛経験を深めるためにも「付き合う」選択肢を検討するのをおすすめします。

まとめ〜友達の紹介を付き合う前提と考えるより大切なこと

友達の紹介は付き合う前提と考えやすい男性心理は、

  1. 友達の紹介なので相手を信頼している
  2. 友達関係よりも恋人になって相手をよく知りたい
  3. 早く付き合ってい恋人同士でしかできないコミュニケーションをしたい
  4. 寂しがり屋で恋愛好き
  5. 友達から紹介された相手も恋愛モチベーションが高いと思っている
  6. 紹介された相手に一目惚れした

などの6つあります。

友達の紹介で異性と出会うと、様々なことに気を使い「付き合う前提で考えないとダメ?」と考えがち。

付き合う前提かどうかは、筆者の個人的な考えと友達の紹介から付き合うまでの流れで解説した通り、紹介を受けたからといって必ず恋愛発展させる必要はないでしょう。

ただし、紹介を受ける条件によっては、付き合う前提と思われるため(友達の紹介は付き合う前提で考えるべきか?)を参考にして、勘違いされないような対策をとるのをおすすめします。

紹介から1~2回しか会っていないのに告白されると「付き合う前提と思われているみたいでイヤだな…本当はもう少し時間をかけて相手を知りたいのに」と不安になることもあるでしょう。

しかし、付き合う前提かを考える以上に「自分らしい恋愛をするためには、何を選択した方が良いか?」で判断をするのをおすすめします。

自分らしい恋愛をするためには、恋の経験値を積み重ねるのが重要です。

もし、紹介してきた友達が信用でき、相手の男性に誠意を感じて好印象を抱いているのであれば、前向きに付き合うのを検討しても良いでしょう。

逆にどうしても気持ちが進まないのであれば、友達や相手のことを気にせずに断るのも、経験の1つ。

この記事を読むと、友達の紹介が付き合う前提であるかを知ることができ、素敵な恋愛を楽しむための考え方を理解できます。